Microsoft HPC Pack 2012R2 update3 が公開されて、Linux 計算ノードがサポートされました。

とうとう、Windows環境で High Performance Computing を実現している 『HPC Pack』に、2012R2 update 3 がリリースされました。今までのこのお得なソフトウェアは、Windows環境のみで動作していましたが、世においでのHPC研究者の皆様には、Linuxでない計算ノードなんてと一蹴されていたこともありました。
だがしかし!今回のupdateでは、オンプレミスの計算ノードにLinuxをサポートするという「文句を言わせない」機能が追加されました。
(Azure上のLinuxサポートはupdate2からだったそうです。えへ)

以下のリンクから、ダウンロードして試してくださいね。(現時点では Public Previewです。ご注意ください)

http://connect.microsoft.com/HPC/Downloads/DownloadDetails.aspx?DownloadID=59044

あと、Microsoft Azure 上でリリース済みの HPCサービスである「Azure Batch」も当然対応済みです。
これは伸縮自在のクラウドベースHPCコンピューティング環境ですが、ここでバーストして、オンプレミス(要はローカル環境)からMicrosoftクラウドへ計算をドカッとさせちゃう機能です。
楽しそうですね♪  あとでさっそく試してみましょう。

詳しい続報は、Microsoft Blog (佐々木さん)がまとめてくれる予定ですので(オイ)ご参照ください。
http://blogs.technet.com/b/ksasaki/

 

広告

【セミナー告知】「Windows HPC 2012システムを構築してみよう!」でおしゃべりします。

こんにちは。

来る2013年6月1日、大阪の某所で、登壇いたします。

わんくま同盟 大阪勉強会 #55   後援:/GITCA/UGSS

開催日・場所  2013/06/01 12:20-16:40

会場情報:大阪市北区本庄東3-8-2 大阪市立大淀コミュニティセンター 第一会議室
アクセス情報 :
地下鉄 谷町線・堺筋線、 阪急天神橋筋6丁目駅 11号出口徒歩8分
市バス「天神橋8丁目」すぐ(34系統守口行:大阪駅前(約7分)、地下鉄中津(約3分)など)
※バスは6,7分間隔であります
参加料(寄付):目安1,000円 (今後のサーバ増強費、回線費、講師交通費、会場費などに充当させていただきます。よろしくおねがいいたします。)

12:20 ~ 12:30 わんくまについて等
12:30 ~ 13:20 「Monoで始めるC#」 by あおおにくんさん Lv.1くまー
13:30 ~ 14:20 「T-SQL の Parse と Generate」 by お ださん Lv.3くまー
14:30 ~ 14:50 ライトニングトーク 5分間の真剣勝負
募集中
募集中
募集中
14:50 ~ 15:40 「序:HPCクラスターを作ろう!まずはオンプレで」 by くろちんさん Lv.1くまー
15:50 ~ 16:40 「変化の時代における開発者のスキル資産形成について」 by インフラジスティックス 東さん Lv.1くまー

みなさま、生くろちんにあえますよww

ぜひともご注目くださいませ。

Microsoft HPC Server 2012 が公開されました。それも 『無料で!』

2006年よりMicrosoftから提供され、並列計算クラスター機能を実現するHigh Performance Computing である、
「Microsoft HPC Server」シリーズの最新版がいよいよ公開されました。

それもなんと『無料で!』

厳密には、無料にはならないのですが、2008版のころからユーザーCalが無料になったりして、研究開発にやさしい製品であったこのシステムが、なんと2012版からは、「システム自体は無料」という大盤振る舞いとなりました。

↓以下がダウンロードのリンクです。
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=36054

「厳密には無料でない」というのは、「システム要件」が以下のように記されており、

サポートされているオペレーティング システム: Windows 7, Windows 8, Windows Server 2008 R2, Windows Server 2012

HPC Pack 2012 supported Operating Systems

•Head nodes: Windows Server 2012 Standard or Datacenter

•Compute nodes: Windows Server 2012 Standard, Datacenter, or x64-based versions of Windows Server 2008 R2 Standard, Enterprise, Datacenter, or HPC Edition

•Broker nodes: Windows Server 2012 Standard or Datacenter

•Workstation nodes: x86 or x64 versions of Windows 7 Professional or Enterprise, Windows 8 Pro or Enterprise

•Unmanaged server nodes: Windows Server 2012 Standard, Datacenter, or Windows Server 2008 R2 Standard, Enterprise, Datacenter, or HPC Edition

HPCシステムを統括管理する『ヘッドノードHead node』の必要要件が「Windows Server 2012 Standard」以上を必要としているため、今までの保有者でも2012Server へのupdateが必要であり、新規で導入しようとしても2012Server OSが別途必要となるためです。ご注意くださいね。

しかし、計算のための『計算ノードCompute node』は2008R2系のServer OSがサポートされているためとりあえずの利用は最小コストで行えそうです。でも、ファイル転送SMB3.0の恩恵を受けるよう、パフォーマンスアップを行いたいなら費用の準備ができ次第、Windows Server 2012 にアップグレードしたほうが賢明でしょう。
あ、そうそう。2008R2系までは安価な専用OS(HPC edition)が用意されていましたが、今回の2012では廃止されました。(もっともHPC editionといっても、まんま普通のWindows Server Standardだったんですけどね。)

さて、みなさんも、HPCやってみましょう!