Microsoft HPC Pack で Head Node リストが煩雑になってきた場合の対処法について(ゾンビHead Nodeが消えない):更新あり

Microsoft HPC Pack を利用して、High Performance Computing 環境をActive Directory環境下で使用している場合、意図せずしてHead Nodeが乱立し、接続したいHead Nodeがわかりにくいことがあります。特に検証用という名目のクラスタがゾンビのごとく残るケースがよくあります。

今回のTipsは、このようなゾンビHead Nodeを削除する方法です。

<要点>
・HPC Pack はActive Directory 必須の仕組みであるため、「Active Directory ユーザーとコンピューター」に情報が登録される。

<対処法>
・コンピューターオブジェクトの拡張属性である『MicrosoftComputerCluster』属性を削除する。(あるいは、コンピューターオブジェクト自体を削除する。)

<注意点>
・ゾンビHead Nodeが実在する場合(当然HPCpack除去済み)は、拡張属性のみを削除する。
・既にドメインから除去されている場合は、コンピューターオブジェクト自体を削除する。
・DNSレコードにはゴミが残っていますが、影響はありません。(ここだけ掃除してもゾンビHead Nodeは消えません。)

<手順>
1.HPC Pack コンソールで、「ヘッドノードの選択」を選び、ゾンビHead Node を確認します。

HPC201605-0

「別のコンピューター」を選ぶと

HPC201605-2

3台のHead Node が見えますが、SV-CCCC が今回のゾンビとします。

2.(ドメイン管理者が行う作業!)ドメインコントローラーで「Active Directory ユーザーとコンピューター」を開きます。

HPC201605-3

「表示(V)」メニューを展開し、『拡張機能(V)』を有効にします。

HPC201605-4

ゾンビHead Node(この場合は SV-CCCCCC)を探し、展開します。

HPC201605-6

コンピューターオブジェクトに 『MicrosoftComputeCluster』属性が紐付いていることを確認します。(これが、ゾンビ表示の根拠となります。)

<対処1>『MicrosoftComputeCluster』属性を削除
→拡張オブジェクトの上で、右クリック-「削除」を実施する。

<対処2> コンピューターオブジェクトごと削除
→コンピューターオブジェクトの上で、右クリック-「削除」を実施する。

3.状態の確認-HPC Pack コンソールを再起動し、「ヘッドノードの選択」を選び、ゾンビHead Nodeが無くなったことを を確認します。

HPC201605-1

これにて作業終了ですが、面倒な点はドメイン管理者の手を借りる必要があることです。

2016/05/19 初版

以 上

 

【2016/7/13 追記】

何かのアップデートにより、現在では最新のWindowsUpdateを適用した後のWindows OS(2012R2 ServerおよびWindows7)では、リストが出なくなっているようです。(誰か中の人がこのブログ見たのかなwww)

 

 

 

Microsoft HPC Pack 2012R2 update3 が公開されて、Linux 計算ノードがサポートされました。

とうとう、Windows環境で High Performance Computing を実現している 『HPC Pack』に、2012R2 update 3 がリリースされました。今までのこのお得なソフトウェアは、Windows環境のみで動作していましたが、世においでのHPC研究者の皆様には、Linuxでない計算ノードなんてと一蹴されていたこともありました。
だがしかし!今回のupdateでは、オンプレミスの計算ノードにLinuxをサポートするという「文句を言わせない」機能が追加されました。
(Azure上のLinuxサポートはupdate2からだったそうです。えへ)

以下のリンクから、ダウンロードして試してくださいね。(現時点では Public Previewです。ご注意ください)

http://connect.microsoft.com/HPC/Downloads/DownloadDetails.aspx?DownloadID=59044

あと、Microsoft Azure 上でリリース済みの HPCサービスである「Azure Batch」も当然対応済みです。
これは伸縮自在のクラウドベースHPCコンピューティング環境ですが、ここでバーストして、オンプレミス(要はローカル環境)からMicrosoftクラウドへ計算をドカッとさせちゃう機能です。
楽しそうですね♪  あとでさっそく試してみましょう。

詳しい続報は、Microsoft Blog (佐々木さん)がまとめてくれる予定ですので(オイ)ご参照ください。
http://blogs.technet.com/b/ksasaki/

 

いまさらですが、@ITで執筆のお手伝いをしたことを残しておきたいと思います。

さる2013年12月暮れに、@ITで活動されているスーパーライター阿部さんから、「Azure概要について書いてみませんか」とお誘いを頂き、恥ずかしながら記事の一部をお手伝いさせていただきました。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1401/10/news010.html

今回のお手伝いで、「記事の正確性」という「裏をとれ」といったお言葉がずっしりと響き、あわててテキトー描いた部分がたちまちご指摘の嵐にさらされるという『よい経験』をさせていただきました。
阿部さんには、懇切丁寧に粘り強くご指導を賜り、感謝感謝です。

今年2014年は、いままでこつこつつぶやいてきたHPCが、『HPC Azure』で大きく注目を浴びそうです。また機会があれば頑張ってみたいなぁと記録代わりにここに書いておくことにいたします。

Microsoft HPC pack 2012R2 も公開してます。

さる2014年1月に、いつのまにかわれらがHPCツールである『Microsoft HPC Pack 2012R2』群が公開されました。
コア製品であるHPC Packのほか、開発ツールやベンチマークツールなどが一斉に公開され、相変わらず『無料』です。

昨年2013年秋にリリースされたServer 2012R2やWindows8.1に対する正式対応を中心としたリリースであると同時に、新サービス「Windows Azure A8/A9」対応が肝です。

以下、海外記事の翻訳です。

————————————————-
MicrosoftはWindows Serverのクラスタ用のクラスタ管理とジョブスケジューラソリューションの『HPC Pack 2012 R2』を発表しました。
信頼性の向上として、Windows Server 2012 R2およびWindows 8.1でのサポートだけでなく、Windows Azureの統合のために設定され強化された機能を提供しています。
ジョブスケジューリング、およびクラスタ管理、新しい「A8、A9」のAzureインスタンスがサポートされました。(この新しいAzureインスタンスは低レイテンシのRDMAネットワーキング用のMicrosoft MPIとネットワークダイレクトを使用するアプリケーションをテストするための最も簡単な方法です。)
————————————————–

http://www.hpcwire.com/2014/02/03/windows-big-compute/

Microsoft のクラウドサービスである Windows Azure にいよいよ本格的な『HPC向けインスタンス』が登場しました。

かねてより噂のあった、Microsoft Windows Azure に、High Performance Computing に使える高性能マシンが登場しました。
A8およびA9です!

これらのマシンは、高速なCPUおよび大容量メモリと、InfiniBandと呼ばれる高速ネットワーク(40G版)を搭載しており、複数のマシンで連携して計算するHPC分野では大変有利な構成となっています。

あちこちのお話する機会で、これらをお知らせしてきましたが、実際にオンプレミス(手元の環境)で用意するとなると結構な金額になるので、お手軽に利用できるのはすごいことだと思いますよ。
(InfiniBandのネットワークカードでも数十万円とか、専用のハブ装置だけでも100万円前後とか、設定費用でもけっこうかかったりとか。)

まずは無料お試し期間を使って、どのような世界がj広がっているのか触ってみるのがよろしいかと。

でもね、つけっぱなしにしてるとあっという間にチャージなくなりますからご注意ください。(笑)

<参照記事>
http://www.hpcwire.com/2014/02/03/windows-big-compute/

【セミナー告知】「Windows HPC 2012システムを構築してみよう!」でおしゃべりします。

こんにちは。

来る2013年6月1日、大阪の某所で、登壇いたします。

わんくま同盟 大阪勉強会 #55   後援:/GITCA/UGSS

開催日・場所  2013/06/01 12:20-16:40

会場情報:大阪市北区本庄東3-8-2 大阪市立大淀コミュニティセンター 第一会議室
アクセス情報 :
地下鉄 谷町線・堺筋線、 阪急天神橋筋6丁目駅 11号出口徒歩8分
市バス「天神橋8丁目」すぐ(34系統守口行:大阪駅前(約7分)、地下鉄中津(約3分)など)
※バスは6,7分間隔であります
参加料(寄付):目安1,000円 (今後のサーバ増強費、回線費、講師交通費、会場費などに充当させていただきます。よろしくおねがいいたします。)

12:20 ~ 12:30 わんくまについて等
12:30 ~ 13:20 「Monoで始めるC#」 by あおおにくんさん Lv.1くまー
13:30 ~ 14:20 「T-SQL の Parse と Generate」 by お ださん Lv.3くまー
14:30 ~ 14:50 ライトニングトーク 5分間の真剣勝負
募集中
募集中
募集中
14:50 ~ 15:40 「序:HPCクラスターを作ろう!まずはオンプレで」 by くろちんさん Lv.1くまー
15:50 ~ 16:40 「変化の時代における開発者のスキル資産形成について」 by インフラジスティックス 東さん Lv.1くまー

みなさま、生くろちんにあえますよww

ぜひともご注目くださいませ。

Microsoft版Hadoop「HDinsight」がプレビューされました。

【告知】
世の中では、「ビッグデータ」とよばれるワードが厳かに広がりつつあります。
とにもかくにも、データはためておいて、後から考えたらなんか使えるでしょう、なんてノリな面もありますが、
大規模な記憶領域が実現している現代では、いくらでもデータをためることができるようになってきました。

しかしながら、これらを後から解析する時には、ものすごい性能のコンピューティングが必要となるのは間違いありません。
でも、ご心配なく。
こういったものすごいデータを扱うためのプラットフォームとして、『Hadoop(ハドゥープ)』と呼ばれる技術があります。

詳しくは、別のブログに書きたいと思いますが、この技術の『マイクロソフト版』がプリビュー公開されました。

その名も、「Azure HDinsight」といいます。

Windows Azure HDInsight (Hadoop on Azure)のパブリックプレビュー。
http://blogs.msdn.com/b/windowsazure/archive/2013/03/18/announcing-the-public-preview-of-azure-hdinsight.aspx

まずは、申し込みが必要です。
あと、Windows Azure のユーザーであることも必要ですね♪

これは、これからのHPCに必要な技術であると同時に、クラウドでデータをうまく扱うためにの基本技術になっています。
これからの開発者の方は、Windows Azure上で、高速な解析を行うために、自然とHDinsightに接して、

HPC on Azure で計算をするのが自然になるのですね。

うん、楽しみです。