Microsoft HPC Pack 2012R2 update3 が公開されて、Linux 計算ノードがサポートされました。

とうとう、Windows環境で High Performance Computing を実現している 『HPC Pack』に、2012R2 update 3 がリリースされました。今までのこのお得なソフトウェアは、Windows環境のみで動作していましたが、世においでのHPC研究者の皆様には、Linuxでない計算ノードなんてと一蹴されていたこともありました。
だがしかし!今回のupdateでは、オンプレミスの計算ノードにLinuxをサポートするという「文句を言わせない」機能が追加されました。
(Azure上のLinuxサポートはupdate2からだったそうです。えへ)

以下のリンクから、ダウンロードして試してくださいね。(現時点では Public Previewです。ご注意ください)

http://connect.microsoft.com/HPC/Downloads/DownloadDetails.aspx?DownloadID=59044

あと、Microsoft Azure 上でリリース済みの HPCサービスである「Azure Batch」も当然対応済みです。
これは伸縮自在のクラウドベースHPCコンピューティング環境ですが、ここでバーストして、オンプレミス(要はローカル環境)からMicrosoftクラウドへ計算をドカッとさせちゃう機能です。
楽しそうですね♪  あとでさっそく試してみましょう。

詳しい続報は、Microsoft Blog (佐々木さん)がまとめてくれる予定ですので(オイ)ご参照ください。
http://blogs.technet.com/b/ksasaki/

 

広告