Hyper-V に影響のあるupdate(KB3161606)が出ています。ご注意ください。(2016年7月現在)→解消された模様。

Windows Server 2012R2 で KB3161606 を適用するとエラー14101 発生。

HYPERV08

Windows Server 2012R2 上で、仮想環境の Hyper-V を構築しているサーバーに、2016年6月22日発行のアップデート KB3161606 を適用すると、ゲストマシン(仮想マシン)で「統合サービス」のupdateが実施できなくなる問題があります。

【前提条件】
・仮想ホストのWindows Server 2012R2 にKB3161606 が適用されている。
・ゲストOSのWindows Server 2012R2 にKB3161606 が適用されている。
(適用されていない場合、後で問題が起こります。)

【症状】
ゲストOSのWindows Server 2012R2 に「統合サービス」をインストールしようとした場合、 エラー14101が発生し、インストールできない。

【原因】
UPDATE KB3161606 for W12R2 のパッケージ内の問題です。マニフェストファイルの内部バージョンに問題があり、インストール障害を誘発します。
※Microsoft が対応版を更新するまでは、以下の方法で回避する必要があります。

【対処】
HYPERV04
(1) KB3161606 を適用しない。(これではお話になりませんね)
(2) KB3161606 を適用する場合は、以下の手順で実施してください。
1) 仮想ホストサーバーにKB3161606を適用する。
これによりホストに格納されている統合サービス用の「vmguest.iso」が更新されます。
2) ゲストOSのWindows Server 2012R2 にKB3161606を適用する。
3) ゲストOSの[Windows]フォルダ配下の[winsxs]-[manifest]フォルダ内の以下のファイルを見つける。   amd64_wnetvsc.inf_31bf3856ad364e35_6.3.9600.18339_none_48176f52a345f953.manifest
HYPERV09
4) プロパティを開き、「セキュリティ」タブで「詳細設定」ボタンから「所有者」を現在のユーザー(Administrator)で取り直す。(一度、OKを数回押して、プロパティ画面を閉じるところまで実施すること)
HyperV21 HyperV22
5) 再びプロパティを開き、「セキュリティ」タブで「編集」ボタンを押して、現在のユーザー(Administrator)で「フルコントロール」権限を与える。
HyperV24 HyperV25
6) OKを押してプロパティ画面を閉じ、3)で見つけたファイルを削除します。
HYPERV26 (2)
これで、統合サービスのインストールが可能になります。
HyperV26 HyperV27
付録
・ ゲストOSのWindows Server 2012R2 にKB3161606がまだ適用されていなかった場合、統合サービスのインストールはできてしまいますが、マニフェストファイルが更新されてしまうため、後からKB3161606を適用しようとしてもエラーを起こして導入できなくなります。(未適応リストに居座りつづけることになります。)

Microsoft社ではこの問題を認識されており、後日更新版がリリースされると思われます。

参照ソース
http://windows-update-checker.com/FAQ/Solved%20Error%2014101%20when%20you%20try%20to%20install%20KB3161606%20or%20HyperV-Integration-Service.htm

https://social.technet.microsoft.com/Forums/windowsserver/en-US/7575b637-d559-46a7-8e00-53b1b12d530f/integration-services-update-required-2012r2-host-and-vm?forum=winserverhyperv

 

<追記>

2016年 7 月更新プログラムのロールアップにて、修正されたとアナウンスされています。万一この現象が出ている場合は、7月以降のWindows Update で回避できると思われます。

https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/3172614

 

 

 

 

広告

Microsoft の仮想環境「Hyper-V」に関する失敗例を富士通さんがきれいにまとめています。

Microsoft 仮想環境の「Hyper-V」ですが、構築してみると取っつきやすいため、ハイレベルIT技術者でない方でもお手軽に「仮想マシン」と呼ばれる『Windows OS の上に乗っかった別の「Windows等のOS」』を作れます。
ところが、Server OS 標準のサービスである上、操作画面が簡単なので、適当な操作でもいつの間にか運用フェーズに入ってしまうという罠が待っています。(私は何回かホストOSを作り替えてから、本番環境を再構築しました。)ちゃんと計画しておかないとあとで困ることが多いんですよ。
そんな時、以下のようなまとめPDFを見つけました。富士通さんがまとめた公開文書です。
「Hyper-V よくある失敗集」

この辺など、なかなかステキですね。

・7.1.12 WS2012R2 ではWS2008 で作成した仮想マシンをインポートできません
・1.1.3 ウイルス対策ソフトをホスト OS に入れている場合、仮想マシンの作成や起動に失敗する場
合があります
・2.1.5 ゲスト OS の時刻が本来の時刻より進み、ゲストOS のリブート時、または保存状態や一時
停止状態からの再開時に時刻が巻き戻る場合があります
・2.1.8 ゲスト OS でWS2008R2、WS2012、Win7、Win8 を使用している場合、仮想SCSI 接続のVHD
上にページファイルを作成することができません
2.1.10 Hyper-V V2 でWS2012 ゲストを動作させるには修正プログラムの適用が必要です
・2.1.20 Linux 仮想マシンを使用する場合は、固定のMAC アドレスを使用してください
・2.1.24 Sysprep を実行すると仮想マシンが起動できなくなる場合がある
・5.1.10 WS2012R2 では、メモリの空き容量があるのに仮想マシンを起動できない場合があります

など、結構読んでいて「ほほう」な情報がまとまっています。
Hyper-V利用者の方は、是非ともご参照くださいね。