HPE製Proliant Server でWindows Server 2016 を構成してみたら・・・

<前書き>

HPEのサーバーでそろそろWindows Server 2016 のデプロイが楽しそうになってきましたね♪

HPE社製のサーバーシャーシとしては、汎用な Priliant DL シリーズが有名ですが、Windows Server 2016への対応としては、

・DL360/380 Gen9 : 正式に対応(現状シリーズであり、早くから対応済み)

・DL360/380 Gen8 :正式に対応(最近サポートされた:2016年暮れ)

・G7以前のタイプ :非サポート

のようです。

ちなみに、Microserver Gen8 でも、Windows Server 2016対応しています。

(※注意 HPE社のサポートポリシーとして、「サポート期間内の機体でないと、BIOSは提供しない。SPPも提供しない。」になってしまったので、

標準の3年保守を超えている場合はちょっと大変です。)

 

<1>DL360 Gen8 の場合

さて、DL360 Gen8を例にWindows Server 2016 を新規インストールしてみました。最初の準備として、

「Intelligent Provisioning (現時点では1.64Bバージョン) 」と呼ばれるシステムプログラムをダウンロードする必要があります。

これはフリーで入手できるようです。

DL360/380 Microserver Gen8 共通  isoファイル形式のため、メディアに焼くか、仮想CD機能による接続が必要です。
・起動後は、自動アップデートしてくれるので便利です。再起動後に[F10]を押して、「Intelligent Provisioning」を起動します。

(左図:MicroServer Gen8 Intelligent Provisioning 構成画面)   hpeintellip01

・オペレーティングシステムファミリに「Windows Server 2016」が選択できるようになってます。

・左下に『Nano Hyper-V Install』欄が増えています!!

※注意:右上「オペレーティングシステム」でデフォルトが「~ Core」になってます。

GUIが必要な方は忘れず「~(Coreなし)」に修正してください。理由は後述します。

 

<2>DL360 Gen9 の場合

こちらもGen8と同様に、「Intelligent Provisioning (現時点では2.50バージョン) 」と呼ばれるシステムプログラムをダウンロードする必要があります。

※Gen8用のものと異なりますので、間違えないでください。(間違えて当ててもエラーで止まりますがメディア損しますwww。)

DL360/380 Gen9 isoファイル形式のため、メディアに焼くか、仮想CD機能による接続が必要です。

<3>さて、困ったことです。

(1)デフォルトインストールになっている「Windows Server 2016 Standard Core」が曲者です。

Windows Server 2012 以降から、HPのプロビジョニングツールのデフォルトは「Server Core」なのですが、まぁ間違えてもあとから
GUIを追加することができたので慌てませんでしたが、今回は少しばかり状況が違います。

Microsoftが公式に「2016は、CoreとGUI間で行ったり来たりできません仕様」にしちゃいました。

リンク ページの下のほうです。

 「メモ-以前にリリースされた一部の Windows Server とは異なり、インストール後に、Server Core とデスクトップ エクスペリエンス搭載サーバーとの間の変換は実行できません。 たとえば、Server Core をインストールし、後でデスクトップ エクスペリエンス搭載サーバーを使用することになった場合は、新規インストールを実行する必要があります (逆の場合も同様です) 」

hpeintellip02

つまり、Core仕様に間違えてインストールしちゃうと、再インストールするしか方法がないというわけです。

(実は、プレビュー版の時には変換できました。製品版から変更されたわけです。)

  教訓=Windows Server 2016 のインストール時には、GUI版とCore版の指差し確認を行うこと!

いくら、PowerShell とかであがいても、エラーで受け付けてくれません。(何回も確認済みwww)
(2)Gen9のNICネットワークドライバなんかバグない?

じつはドはまりしたのですが、構成したてのサーバーOSに初回Windows Updateを当てようとした時です。

検証空間は直接インターネットに接続しておらず、プロキシサーバーによる接続になっています。

WindowsはInternet エクスプローラーの「接続」設定内でのプロキシサーバー設定を優先に見ていますが、なぜかGen9のみ正常に動かないことがわかりました。

Gen8やHyper-V仮想マシンなどでは問題なく引けるのですが、Gen9だけ何をやっても(アクティベーションやプロキシ変更、ドメイン参加など)改善しませんでした。

一部のKB(修正プログラム)が正常にインストールされないなどの情報もあり、Microsoft Catalog サイトからのダウンロードファイルで対処したあと試してもダメでした。

唯一グループポリシーにて社内WSUSサーバーへの接続指定だけがWindows updateを受け取ることができるので、不思議な現象でした。

回避策としては、「NetSH」コマンドで、プロキシサーバー設定を押し込んでみることで回避できました。

コマンドプロンプト を起動して、

> Netsh      ←NetSH 環境に入る

netsh>winhttp
netsh winhttp > show proxy

現在の WinHTTP プロキシ設定:
直接アクセス (プロキシ サーバーなし)。

と表示されます。(デフォルトの場合。)以下の構文で押し込みます。

<構文>set proxy      – WinHTTP プロキシ設定を構成します。

netsh winhttp> Set  proxy  192.168.0.2:8080  ←など、プロキシのIPアドレスとポート番号

この方法で、プロキシIPをOSに教えると今回は成功しました。

傾向から見て、Gen8シャーシやVMで異常がないことから、Gen9の組み込みネットワークドライバあたりに何かありそうだと疑ってます。(今後調査を継続します。)

  教訓=Proliant Gen9 でIntelliProv 2.50にて Windows Server 2016 のインストールしたときは、プロキシ環境でWindows Update できないことがある!

 

 

広告