Windows 10 Enterprise がそっとupdateされている。(VLSC2016/05)

企業で一定の契約(Microsoft EA契約など)で、Windows Client OS の SA権(要は最新のWindows を使ってもいい権利)がある場合、専用ダウンロードサイトにWindows 10 Enterprise Edition のISOイメージが提供されており、これにアクセスできます。
企業管理者は、これを利用してクライアントPCに Windows 10 Enterprise の導入ができる訳ですが、2016年5月26日時点で以下の状態になっています。(updateがリリースされています)

・Windows 10 Enterprise
このエディションでは次の 2 つのダウンロードが利用可能です。
1. Windows 10 Enterprise (2015 年 7 月リリース)
2. Windows 10 Enterprise バージョン 1511 (2016 年 4 月更新)←という記載
    リリース日2016/05/26(Firstリリースは2015年11月:省略して15-11)
<説明文>
Windows 10 Enterprise バージョン 1511 (2016 年 4 月更新) は、Windows 10 Enterprise バージョン 1511 の Current Branch for Business バージョンです。このバーションには、バージョン 1511 (2015 年 11 月リリース) 以降の Windows 10 に関するすべての更新プログラムが含まれています (セキュリティ更新プログラムおよびセキュリティ以外の更新プログラムを含む)。

 一般公開では、Professional版などで Insider PreViewにて2016年5月27日、Windows 10 Insider Preview ビルド14352を、ファーストリングを選択したPC向けにリリースしたようです。

実際に、公開されたISOイメージを確認したところ、以下のような状態でした。

Windows10Ever   バージョン 1511(ビルド10586.164)

Windows 10 は公式アナウンスとして、OSバージョンは10で終わりといわれており、「10」はただのブランド名になっています。
実際のバージョンはこの場合「1511」であり、ビルド番号がマイナーバージョンとなっているようです。

参考:http://ascii.jp/elem/000/001/082/1082981/

レジストリを確認してみたところ、
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion
BuildLab=10586.th2_release_sec.160223-1728

手元のProfessional(5/28update済)の場合、
BuildLab=10586.th2_release_sec.160422-1850

でした。シスアドの皆様にはご注意を推奨いたします。

<注意>この情報は、2016年5月29日時点でのものとなります。

 

広告