Microsoft HPC Pack で Head Node リストが煩雑になってきた場合の対処法について(ゾンビHead Nodeが消えない):更新あり

Microsoft HPC Pack を利用して、High Performance Computing 環境をActive Directory環境下で使用している場合、意図せずしてHead Nodeが乱立し、接続したいHead Nodeがわかりにくいことがあります。特に検証用という名目のクラスタがゾンビのごとく残るケースがよくあります。

今回のTipsは、このようなゾンビHead Nodeを削除する方法です。

<要点>
・HPC Pack はActive Directory 必須の仕組みであるため、「Active Directory ユーザーとコンピューター」に情報が登録される。

<対処法>
・コンピューターオブジェクトの拡張属性である『MicrosoftComputerCluster』属性を削除する。(あるいは、コンピューターオブジェクト自体を削除する。)

<注意点>
・ゾンビHead Nodeが実在する場合(当然HPCpack除去済み)は、拡張属性のみを削除する。
・既にドメインから除去されている場合は、コンピューターオブジェクト自体を削除する。
・DNSレコードにはゴミが残っていますが、影響はありません。(ここだけ掃除してもゾンビHead Nodeは消えません。)

<手順>
1.HPC Pack コンソールで、「ヘッドノードの選択」を選び、ゾンビHead Node を確認します。

HPC201605-0

「別のコンピューター」を選ぶと

HPC201605-2

3台のHead Node が見えますが、SV-CCCC が今回のゾンビとします。

2.(ドメイン管理者が行う作業!)ドメインコントローラーで「Active Directory ユーザーとコンピューター」を開きます。

HPC201605-3

「表示(V)」メニューを展開し、『拡張機能(V)』を有効にします。

HPC201605-4

ゾンビHead Node(この場合は SV-CCCCCC)を探し、展開します。

HPC201605-6

コンピューターオブジェクトに 『MicrosoftComputeCluster』属性が紐付いていることを確認します。(これが、ゾンビ表示の根拠となります。)

<対処1>『MicrosoftComputeCluster』属性を削除
→拡張オブジェクトの上で、右クリック-「削除」を実施する。

<対処2> コンピューターオブジェクトごと削除
→コンピューターオブジェクトの上で、右クリック-「削除」を実施する。

3.状態の確認-HPC Pack コンソールを再起動し、「ヘッドノードの選択」を選び、ゾンビHead Nodeが無くなったことを を確認します。

HPC201605-1

これにて作業終了ですが、面倒な点はドメイン管理者の手を借りる必要があることです。

2016/05/19 初版

以 上

 

【2016/7/13 追記】

何かのアップデートにより、現在では最新のWindowsUpdateを適用した後のWindows OS(2012R2 ServerおよびWindows7)では、リストが出なくなっているようです。(誰か中の人がこのブログ見たのかなwww)

 

 

 

広告