Microsoft System Center 2012 with ServicePack-1 の Volume License 提供始まったようです。

Microsoft System Center 2012 with ServicePack-1 の Volume License 提供始まったようです。

2012年の暮れに、MSDNにて先行提供されていた『Microsoft System Center 2012 with ServicePack-1』が2013年1月13日時点確認で、マイクロソフト ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC)にて提供開始されたようです。

System Center 2012 製品は、数種類のブランドを統合したため少しわかりにくくなってますが、提供されたものは次の通りです。

【System Center 2012 Standard/DataCenter共通】

  1.  SQL Server 2012 Standard Japanese 32/64 bit
  2.  System Center 2012 with SP1 – Orchestrator Server Multi-Language 32/64 bit 157 MB
  3.  System Center 2012 with SP1 – Virtual Machine Manager Server Multilanguage 32/64 bit 1320 MB
  4.  System Center 2012 with SP1 – Service Manager Server Multilanguage 32/64 bit 403 MB
  5.  System Center 2012 with SP1 – Operations Manager Server Japanese 32/64 bit 1071 MB
  6.  System Center 2012 with SP1 – ConfigMgr and EndpointProtection Multilanguage 32/64 bit 904 MB
  7.  System Center 2012 with SP1 – DataProtection Mgr Server and Toolkit Multilanguage 32/64 bit 4720 MB
  8.  System Center 2012 with SP1 – Endpoint Protection for Linux OS and Macintosh OS Multilanguage 32/64 bit 1151 MB
  9.  System Center 2012 with SP1 – App Controller Multilanguage 32/64 bit 76 MB

【System Center 2012 Endpoint Protection のみ別カテゴリ】

  1.  System Center 2012 with SP1 – Endpoint Protection for Windows (別途for Linux/Mac)

これからWindows Server 2012 シリーズで検証開始です。Azureに関連する機能の評価も忘れてはいけませんね。

あ、それと公開されてすぐなんですが、SP1用のRollUpがWindows Updateで早くも提供されているようです。
すこしコツがいるそうなので、またレポートします。

広告